2010年04月30日

休みを前に

方々に電話する。
まだまだ別居親の現状はあまり量としては
知られていない気がするので、
それを定期的に出していく、ブログを作ろうと思う。
あちこち電話して、早速3人の方にOKもらう。

以前、この手の本を出そうという話があったのだけれど
結局立ち消えになったりして、今は、法制化の動きは
宙ぶらりんのまま止まっているという感じだろうか。

わりと注目されてきているので
感度のいい議員なんかは、参議院選挙に向けて
接触しようとしてきたりもするのだけれど。

親子の日に向けて

7月25日に予定していたイベントは
どうやら場所の関係上、前日になりそうだ。
会議では3回目なのにほかに具体的な提案がなく、
いらいらするのは疲れたので、あらかじめ自分で案をもってきた。

なんか、法制化とか大風呂敷を広げて
実際やることが思いつかない、というパターンを
繰り返し見てきているので、
だったら、自分のできること自分でやればいいじゃんと
思うのだけれど、人といっしょにやるなら、それなりの
こと用意してこないと説得力がない。
それにいろいろ口を出されそうになって、
そうなると、
「こうするべきだ」とか、「こうしてないからよくない」
とか人のことばっかり言い出す。
まあ、グチだよね。

立川の女性センター

に部屋を借りるために登録に午前中行く。
最近はリーフレットを女性センターにもばらまいたからか
遠くの人から問い合わせとかもある。
立川あいむには置いてなかったけどね。
いろんな人が動き始めているので
自分らが企画しなくっても、動きがあちこちで
出るようになってきた。
運動が広まりはじめた証拠だろうか。(宗像)
posted by kネット君 at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

活動の再開

パソコンが壊れた上に、熱が出ていたため、ほぼ活動休止していたけれど
ぼちぼち動き始めた。

4月27日立川児童相談所

に児童相談所はどういうところかって見学&勉強に行った。
いろいろと矢面に立つことの多い児童相談所だけれど、
今の利用の傾向や問題点についていろいろとお話ししてくれて
勉強になった。
児童相談所の対応は基本的には親権者のみなので
虐待で収容された子どもが、実の親に知らされないまま、
施設に送られたり、里親に出されたりということは
ありうることになっている。
この辺、親権制限についての法制審議会でも
論点には含まれていない。
もうちょっと勉強していろいろ提案する必要はあるでしょうね。

家に人が来る

2年半ぶりに子どもに会えたので
その間、迷惑をかけ通した人々を呼んで家でもてなした。
まあ、いろいろとあったし、2年半のうちにそれぞれ境遇も
変わっていて、お互い勉強になったね。

4月28日

久しぶりにメールニュースを出したり、
ホームページをいじってもらったり、
事務仕事をする。
当事者からの問い合わせもやっぱりある。
探偵社から取材の申し込みがあったので当然断る。
まあ、もめごとの渦中にたちやすい業務なわけだから
そのときどきで判断を求められはする。
そろそろ仕事内容も整理する必要があるでしょうね。(宗像)
posted by kネット君 at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高裁要請

kネットほか3団体で26日は最高裁へ署名提出&要請行動をしてきました。対応したのは最高裁事務総局秘書課審査官柳谷守昭氏と秘書課庶務第二の小林秘書官です。
 

署名を手渡し、4団体(コトオヤネット、面接交流ネット、ガーディアン、Kネット)連名の要請書と親子ネットNAGANO、国立の会それぞれの要望書を提出しました。
 
文面はホームページ上で公開しています。

http://kyodosinken.com/2010/04/28/%e6%9c%80%e9%ab%98%e8%a3%81%e5%88%a4%e6%89%80%e3%81%b8%e7%bd%b2%e5%90%8d%e6%8f%90%e5%87%ba%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
posted by kネット君 at 18:01| 東京 ☔| Comment(0) | kネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日弁連シンポ

日弁連が下記のシンポジウムを開催します。
日弁連は、いつ共同親権って言ってくれるんでしょうねえ。

シンポジウム
「離婚後の子どもの幸せのために〜面会交流、養育費を中心として〜」

離婚後女性が親権を取得したときに、養育費が支払われないことも多く、こうした実情が昨今の子どもの貧困に大きく影響しています。一方、「面接交渉」をめぐっては父母の間で調整が困難なケースも少なくありません。これらの問題を解決するために、「共同親権」という制度も提案されますが、多くの問題点も指摘されます。

このシンポジウムでは、諸外国の実例に学びつつ、日本の離婚後の親子関係が直面する実務上の諸問題を明らかにし、子どもの父母が面会交流や養育費支払いを通じ、どのようにして子どもの最善の利益を実現する責務を果たせるか、あるべき離婚後の子どもをめぐる法制度を考えます。

日時     2010年5月15日(土)13:30〜17:00
場所     弁護士会館2階 クレオBC(→会場地図)
(千代田区霞が関1−1−3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費等     参加費・資料代無料、事前申込不要
(臨時保育のご利用を希望される場合には、下記問い合わせ先に4月28日までにご予約ください。)
内容(予定)
    
パネルディスカッション

 * 戒能民江氏(お茶の水女子大学副学長)
 * 棚村政行氏(早稲田大学教授)
 * 渡辺久子氏(慶應義塾大学病院小児科外来医長)
 * 川島志保氏(弁護士)

共催     日本弁護士連合会
問合せ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03−3580−9510  FAX:03−3580−2896


 

 

 

 

 


posted by kネット君 at 16:35| 東京 ☔| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

フル活動

いろいろ会う

kネットでは共同養育についての自分らなりのイメージを持とうと、
いろいろ人に会うというのをこの間、活動の中心に置いている。
提言集もまとめているのだけれど、現状と将来像が見えない中で
いろいろ提言しても説得力ないだろうし。

4月22日親子の日

を7月25日に提案している方に史さんと葉山まで会いに行った。
写真家なので、親子の写真をその日に撮るというのを続けているのだけれど、
もちろん、家族や親子の抱える難しさというのはよくわかっているようで
写真の撮影が、親子の和解のきっかけになるということも紹介してくれた。
海が正面に見える家は風景も多く、ゆったりと時間を過ごすこともできるのだろう。
家族主義というのではない、親子やそれぞれの関係のあり方について
いちどバラバラになった別居親はどういうふうに考えていけるんでしょうかね。
「人間は、悪い人になりたいという人は一人もいないと思うんですよ。
みんないい人になりたいと思っていると思う」
と説明する言葉に「もしかしたらそうかもねえ」、
と思わせるお話の内容でした。

2月24日オフィスアワー

で事務所に行く。
最近は、相談日はだいたい予約で埋まる。
この日も、2名の父親が訪れた。
最近は、まだ別居中で、まだ共同親権状態の人が
訪れることが多い。
面会についても、回数はともかく、なんとか維持している人が
まあまあいて、それをどうやって増やしていくかと相談されることがある。
裁判所の調停調書も、1年間の期限付きだったり、その後は別途相談だったり、
その後、打ち切られるということもあるかもしれないが、
要は、あらためて調停をし直すときに、どういう説得力があるか
ということになってくる。
もちろん、当事者どうしで増やしていければそれに
越したことはないのだけれど、普通はそうはならない。
親権のある人には、
「親権者のつとめとして、子どもに会わせるというのは責任でしょ。
あなた一人で子どもつくったわけじゃないんだから」
と今のうちに言っとけばどうですか、と言ってみたりもする。
親権が一方からなくなったとたんに
「あなた親権者じゃないんだから」と言い出す人は多い。
親権争いが激しければ激しいほど、そうなりやすいからね。
現実的には、子どもと過ごす実績を積んでいくというのは重要だけど。
最近は、
「子どもに会いたい」
じゃなくっって
「もっと子どもと過ごしたい」
と言わないと発展性はないかなという気がしてきた。

25日子どもの意見を聞く

集会を主催者の一人がチラシを入れてくれって
kネットの発送時に来た。
金曜日から、体調が悪くて、
金曜日は事務所に行くのもやめたのだけれど、
25日はもともと別件だった。
史さんたちが行ったみたいだけれど、
それなりに内容のあるものだったと聞いている。

26日最高裁

も、体調悪く、欠席。
わざわざ四国から来られた方もいたのに
もうしわけなかったね。

毎日、わっさわっさと話題作りに事欠かない
のだけれど、運動が新しいことを言っていかないと
疲弊するというのはあるかも。
その辺、もうちょっときちんと考えるかなあ。(宗像)
posted by kネット君 at 09:53| 東京 ☁| Comment(2) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。