2010年04月02日

国立市あて要望書

要望書

2010年4月2日

 

国立市子ども家庭支援センター長 様

 
186−0004
国立市中3−11−6スペースF
くにたち子どもとの交流を求める親の会
宗像 充   

 私たちは離婚後に子どもと会うことが困難になっている親のグループです。

 2008年に国立市議会が私たちの陳情を受け、「離婚後の面接交渉の法制化と支援を求める意見書」を関係機関に提出して以来、国立市も含め全国18自治体の議会が同様の意見書を国に提出しています。

そのような中、親の別れと親子の関係は別であり、離婚後も双方の親に子どもを育てる権利と責任があり、子どもには双方の親から愛され養育を受ける権利があることは、社会の中に浸透してきました。また子どもの成長にとっても、豊かな面会交流が望ましいことは、国立市の講演で小田切紀子さんが述べた通りです。

ところが、現に離婚に巻き込まれている親どうし、そして子どもの置かれた状況は、法律の支援も何もない状態で2年間まったく変わっていません。仮に離婚後に面会交流に肯定的なカップルがいたとしても、情報も仲介も不十分な状態では、面会交流が安定的に行われるかどうかは、結局同居親の善意に頼ってしまいます。特に、子どもが小さい場合や、親どうしに葛藤がある場合には、安全な親しみやすい場所での面会交流が行われることが望ましいはずです。

そこで、子どもと家庭への支援サービスを行っている、子ども家庭支援センターのプレイルームを面会交流の場として提供してほしいと私たちは考えています。市議会の意見書の趣旨を汲んで、ぜひ、離婚後の養育支援の一環として、子ども家庭支援センターにもご協力をお願いいたします。

  
posted by kネット君 at 22:06| 東京 ☁| Comment(0) | 地方議会からの意見書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子ども家庭支援センター

国立市子ども家庭支援センター

に要望書を持って、議員のSさんを連れて行ってみる。
うちから5分とかからないのに、プレイルームは充実しているし、
子どもと住んでたときに行けばよかったと後悔。

面会交流の場としてセンターを使えるって
行政でアピールしてくださいよ、って言いに言ったのだけれど、
担当課長は渋って、しょうがないから、面会交流の現状の
厳しさをしばらくしゃべったら、軽口叩いてた課長もようやく
まじめに聞いてくれるようになった。

最初はこういうもんかって思うけど、
何回か行っているうちに役人の態度も変わってくるので
近所だし、気長にやるかって帰った。
役所の人は市長の指示を待っているんだけれど、
アピールだけのために、市長に会いに行くのもなんだかなと思うし、
議員さんに質問してもらうにしても、次は6月だし、
もうちょっと考えてみる。

リーフレット

カラー版のリーフレットを作って会員向けに配って、
「こっちでも配りたいから」って問い合わせがちらほらあって、
順次郵送していく。
今日は、市役所とかのネームだしをした。
もうちょっと一般にばらまかないとアピールにはなりにくい。
5000刷ったので、欲しい人、ぜひ連絡ください。郵送します。

郵便物

しんぐるまざあず・ふぉーらむから
この間の提言のもとになったアンケートの報告の冊子が送られてきた。
内容がどうかというより、2年前はいろいろいやがらせの手紙とかも
匿名の人から受けたりしたので、2年の間に法律は変わっていないにしても、
認知はだいぶされてきたかなという感覚はある。
ミニコミ図書館から、会報の紹介の原稿をお願いされたり
続けるって大事だよね。

取材

今日も番組制作会社の取材が入った。
国政の動きもないでもないので、
テレビのほうも、ようやっとこの問題に注目しても
番組にできるという雰囲気にはなってきたのか、
それとも、お蔵入りの歴史がまた繰り返されるのか、
何にもしないというふうには政府もいかないでしょうけれど、
何とかするのは、まあぼくらがやるしかないでしょう。(宗像)

posted by kネット君 at 19:16| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノコンサート

ご案内転送

子供から引き離されたフランス人の親達のための
チャリティーコンサート


22年4月9日(金) 関西日仏学館 (京都)
22年4月10日(土)大阪国際交流センター   (小
ホール、2階)

プログラム:リュシアン・デルリューおよびクロー
ド・ドビュッシーのピアノ作品


http://delrieu.com/
http://delrieu.com/concert-schedule/
http://delrieu.com/concert-programme/


------------
CONCERTS DE SOLIDARITE a Kyoto et Osaka

2 Recitals de musique francaise pour les droits des enfants issus de
couples franco-japonais et se trouvant au centre d’un conflit parental

par Richard DELRIEU, piano

・Institut Franco-Japonais du Kansai, Kyoto, vendredi 9 avril 2010 a
19h 00

・Osaka International House, samedi 10 avril 2010 a 18h 30

Programme : Oeuvres de Lucien Delrieu (pere de Richard), et de Claude
Debussy

Francais : http://www.afjkansai.org/dconcertf.pdf

Liens :
http://www.afjkansai.org/


http://delrieu.com/
http://delrieu.com/concert-schedule/
http://delrieu.com/concert-programme/
posted by kネット君 at 19:03| 東京 ☁| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。