2010年04月11日

会えない親子の日

運動の広がり

という面では、地味に知り合いは増え、当事者は順々に出てきているのだけれど、
まだまだ議員を本気にさせるほどの世論の盛り上がりには至っていないよねと感じる。
面会交流の問題は、親権の問題であり、この問題はあちこちの法律にかかわるし
利害関係者も離婚だけでなくいろんな人がかかわってくる問題だ。
それこそ家族のあり方をどうしていくのかという本質の問題にかかわるのだけれど
そのことについて、自覚して動いている人は少ない。
問題をシンプルにすれば反響は小さく、
問題を大きくすれば、収拾がつきにくいという感じ。
親権については抜本的な議論するしかないけどね。

オフィスアワー

ぼくは10日土曜日はグループワークに出たのだけれど、
ほかのメンバーはオフィスアワーで相談を受けていた。
このところ当事者の相談は多く、悩みもいろいろ深いようだけれど、
状況は厳しいにしても、あんまりがんばってもどうなるというレベルの
こととそうじゃないレベルのことといろいろあって、
最近は、やっぱり問題は感情よね、という振り出しの議論に戻るときはある。

会えない親子の日

親子の日に向けたイベントを何か組みますかねえと、
漠然とした声かけで相談会をもったのだけれど、
プレイベントは、ぼくがやりたい討論会ということで
ささっと内容とともに決まった。
当日は、どうやったら人が来るのかというレベルで
内容が二転三転、場所も二転三転して、
それでも、せっかくなので、楽しい企画をという
のを思いつけばいいのだけれど、最近マンネリ気味で
新しいメンバーもきていろいろ言ってくれはするのだけれど、
だからって、具体的な形にはいろいろならず、
うだうだ気味の史さんにやつ当たりしたり、
頭の中なかなかまとまらない。
それでも帰りの電車の中で、
場所の折衝を史さんがつけられるみたいで
内容もそれなりに決まりそうで、
つまりターゲットは家裁よね。
「会えない親子?の日実行委員会」を発足する。
次の会議はもうちょっと人呼ぼう。

posted by kネット君 at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。