2010年04月18日

つなわたり

衆議院法務委員会傍聴

水曜日に下村事務所から電話があり、傍聴できると言うことなので
当日は史さんは来られないということなので、ぼくが傍聴の人を集めた。
平日昼間ということもあり、直前なので、そんなに急に来られる人も限られていて、
結果的に9人が集まったけれど、もうちょっと入れるということなので、もったいない。

質問自体は、わりと具体的な提案もあったと思うのだけれど、
わざとなのか勉強不足なのか、千葉さんのほうはあまり前向きな答弁をしない。
選択的共同親権も提案されていたけれど、面会交流の実効性が確保されなければ、
会えない親にとっては、まったくとは言わないけれど、さほど状況に変化はない。
共同養育義務という点での原則共同親権と、面会交流の権利確保が明確な
法改正でないと意味はないのだけれど、千葉大臣は、法制化よりも
法以外のサポートを強調していて、じゃあ、具体的な中身はといえば何もなく、
正直、不信感が増すのはしょうがない。
全体的に、問題がまだ浸透していないのかなあと思った。

別姓と面会交流についての比較をしても意味がなく、
不利益を被っている人がいれば、きちんと対応すべきだとは思うけれど、
この問題について、明確に反対を表明して議論をするほどの
議論の高まりにはなっていない。どちらかといえば、
感情的な反発というレベルでの反対論はよく見かけるのだけれど、
それはそれで聞くべきところはあるにしても、
公式の場で、そういう意見が出てくるというわけでもなく、
なんだか、奥歯に物が挟まったようなこの数ヶ月の議論かなという気がする。

「千葉大臣らしくない答弁ですね」と下村議員が言っていたのが印象的。

レイアウト

パソコンが壊れ、土曜の会報発送のための作業が間に合わないんじゃないか
と心配したけれど、パソコンはなんとか使えるようになったが、
今度は原稿がまだ集まらない。結局、事務所でできるレイアウトは途中で諦め
夜は別のミニコミ「並木道」の印刷のために急遽帰ってきたのだけれど、
今度は表紙がまだとどいておらず、結局、この日の印刷は諦めた。

印刷と発送

朝からFに行き、やっと届いた原稿をしょうがないからワードでレイアウト。
ところが印刷する段になって、なぜかレイアウトした枠の線がプリントアウトできず
しょうがないから、ネットカフェに行って、その部分だけプリントアウト。
ついでに、チラシを2種類作って、それもプリントアウト。
今回は宛名ラベルが事前に用意できていたので、
作業的な滞りはなかったのだけれど、全体的に量が多い。
リーフレットを東京都内全部の自治体と、児童相談所などに送る。
名簿も整理して、寄贈名簿も付け足したので、だいぶ量が多くなった。

会議

夜は「会えない?親子の日の実行委員会」会議
前回と同じ事を話すだけで何も決まらず、会議終わる。
朝から頭が痛かったが、熱があった。
イベントは、いいアイディアがあればいいけど
なければ宣伝で勝負するしかなく、
どっちもできないまま時間だけがたつのが一番困る。
だれにとってもいい企画というのが
だれにとっても楽しめない企画だったりする。
次回の会議は、しきりをバトンタッチした。
できることやるしかないでしょう。

印刷また流れる

印刷が伸びていた「並木道」の表紙が
結局、日曜日も届かず、また印刷流れる。
ほかのメンバーに中止を連絡しようとしたのだけれど、
心配しなくても、Fで待っててもだれも来なかった。
表紙以外の原稿はそろっているのにね。
まあ、この会はぼくが責任者なので、
原稿そろわなければ、全部ぼくがやるけどね。

24日午後7時から、ひょうたん島で読者交流会します。
posted by kネット君 at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。