2010年05月26日

国内的な子の奪取

朝日新聞の記事です
 
国内で子どもを連れ去られて会えなくなった方、
どんどん外務省に回答を寄せてください。
 
国境をまたごうが、またぐまいが、
連れ去りは連れ去りです。
 
 
2010年5月26日7時27分

 岡田克也外相は25日、国際結婚に破れた親が相手に無断で子供を自国に連れ帰った場合、子を元の居住国に戻すことなどを定めた「ハーグ条約」をめ
ぐり、当事者の親らにアンケートを実施すると発表した。早期加盟に向け、実態を把握するのが狙い。


 この問題では、当事者は子と引き離されることを恐れ、事情を対外的に明らかにしていないことが多い。外務省には欧米の大使館から相談が寄せられて
いるが、問題の全体像はつかめていないのが実情だ。このため、アンケートを通じて具体的事例や、条約加盟の問題点などを聞く。


 質問書は外務省や関連在外公館のホームページに掲載されており、回答を記入の上、電子メールで同省に送付する。アドレスは
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/ko_haag.html

posted by kネット君 at 21:38| 東京 🌁| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。