2010年06月15日

長野に行ってきた

4月に多摩川の橋の下で音楽イベントがあった。
ついつい「おもしろそう」と首をつっこんでしまった。
楽しかった。

DVのことを考えたり書いたりしているうちに、フラッシュバックできつくなってしまっていたので、このイベントはいいガス抜きになった。

13日の日曜日、講座のあと参加者といろいろ話をした。
この問題の当事者は次から次へと増える一方だ。男性も女性も。
私たち当事者が増えるということは、会えなくなった子どもも増えているということになる。

夜遅くに橋の下イベントを企んだ若者たちといっしょに長野に向かって出発した。
高速パーキングで都会からやってきた別のグループと合流した。
長野で夏にイベントを企んでいるらしい。
そのうちの一人の若者のおかあさんが住んでいるゲストハウスに宿泊した。
長野の山の中はさすがに涼しくて気持ちがよかった。
昼前に起きてそのおかあさんと話をした。
若者たちよりも年は近い。(当たり前か)
なぜか共同親権の話になった。
そうしたら、「私は親権とか考えなかった」との答えが返ってきて驚いた。
離婚して相手に親権を渡したけれど子どもの養育のお金は全部私が出すと言ったらしい。
そして子どもは会いたいときにやってきていた、という。
その子どもと私はイベントで知り合っていっしょに遊んでいたりする。

その夜、メールが入った。
かけこみ亭に遊びに来たかたが、実は私たちと同じ当事者だった。という内容。
すぐに電話をして話をした。

私のまわりに離婚経験者や当事者や親が離婚をした子どもが多いのか、それとも世間的に増えているのかわからないが、さすがに連日そんな人に出会うと普通に多いんだと思えてくる。

今朝ずいぶん早起きをして長野を後にした。
朝のドライブもなかなかいいものだ。
隣の若者とずっとしゃべっていた。
私たちの運動についてもいろいろはなした。
若者に教えられることはいっぱいある。

いろんな人と話をするのはおもしろい。
見えなかったことがわかる事がある。
また私の中で新しいことが始まる予感がした。
posted by kネット君 at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | ふみ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。