2010年09月30日

相手を変えるか法律を変えるか

午前中からばたばたと事務作業をする。
講座払い落としのシステムを導入したのでその手続きに四苦八苦する。

午後、会報の編集をいっしょにする人が事務所を訪問。
「私は2年前、宗像さんと会ったとき、
『相手の気持ちを変えるより法律変えたほうが早い』と
言われて、やっぱり相手の気持ちを変えたいと思ったのよね。
でも、今は法律を変えなきゃと思っている」
という。

かくいう自分は、
法律を変えないままに
相手との緊張感を持った面会交流が
緊張度の下がった面会交流に移行している。
お互いに相手に言うことをきかせるのは無理だとわかっているので
不十分な約束を守っていて、それは定着しつつある。
なんらかの手だてで相手に言うことをきかせようとしても無駄で、
どっちかというとこっちがどう思っているかが相手に伝われば
関係が変わってくるというのはままある。

仕事に行く前、知り合いの議員から電話がかかっていて
「やっぱり強制力はないんだ」と法律の不備を
父親の側について実感したようだった。
両方の親と知り合いのようなので
「子どもは親を選べないかもしれませんが、
あなたも相手を選べませんから、って両方に言ったらどうですか」
と言ってみる。
相手の感情の読み間違いが、面会謝絶にすぐにつながる
親子引き離しの問題。
対処のパターンもだいぶ身についてきた。

夜の相談は
定期的に相手と子どもに手紙を出せる関係の人で
いろいろ話を聞いていて手紙の内容もいっしょに考えていたら
相手の態度が変わったという人だった。

別の友人は今日、2週間に一度の
面会交流の審判が出た。
家裁の審判も徐々に変わってきている。

ぼくはこう思う。
相手の気持ちも法律も裁判所もみんな変わる。
だけど、変えようと思ってやろうとすると失敗するのが相手の気持ちだろう。
一方で、法律も裁判所も変えようと思って思ったとおりの結果が出るとは限らない。
でも、こっちは変えようとしなければ変わるわけもない。
posted by kネット君 at 21:20| 東京 ☔| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。