2011年01月12日

片親疎外と社会的養護

朝から国立で相談を受ける。

カラー版のリーフレットを見つけて
電話をかけてきたというのだから、
宣伝というのはあなどれない。
とくに、ネットを見ない人というのは
むしろ社会の中の多数だと思うので、
そういう人にどう情報が行きわたるかは重要だろう。

その後、同じ場所で
別の人のお話を伺う。
前から話を聞いていた人だった。

相談を受けているときに別の電話が入り、
後でかけなおしてもらうことにする。

事務所に移動するとやがて電話がかかってきて
いろいろと経緯をお聴きする。
地方の人はなかなか直接相談出来る場所も
理解してくれる人も周りにいないのが当たり前。
その地方に信頼できる別居親の窓口がなければ
とりあえずは、話を聞く。

メールを見ると、
やはり同じように地方の人からのSOSが
入っていたりする。

今日コンタクトした4件すべてが女性の方だった。
それで、相談する場所はあっても自分の要望と違ったていたり、
そもそも相談する場所がなかったりするのは
男性と変わらないのだけれど、
割合が少ないだけに、状況はより厳しいというのを
聞いていると感じたりする。

社会的養護以前に、
親の自己責任ばかりが求められ、
サポートする体制ができていないというのが
そもそも問題だろうなと、思う。
おせっかいおじさん、おせっかいおばさんは
あちこちに必要なのだろう。

というか片親疎外を放置していて、社会的養護なんてありえないでしょ。
posted by kネット君 at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。