2011年03月09日

子どもを政争の具にしないで

なんてタイトルの子ども手当についての院内集会が開かれるそうだ。
ずっと前に国立のMLで回ってきていたので、今日、賛同しておいた。
子ども、子どもって、子どもが手元にいる人の言う特権かなあと
うがった見方をついしてしまう。
子育てに関連するグループは網羅的に呼びかけられているのだけれど、
別居親のグループって、親とは認められていないよね。
いまに始まったことじゃないけど。

子どもが貧乏であることを望む人はあまり聞かないので、
結局のところ、子どものいる家庭は貧乏であってはならない
というのが現在の施策の要諦である。
つまり、子どものいる私たちの家はたいへんっていうのは、
それはそうだと思うよ。
何しろ、子どもに小遣いをあげるわけじゃないんだから。
問題は、子どもに手をかけられるはずの親を
かたや排除して、子ども手当を語るところだろうか。

賛同メッセージにも書いたけど、
ぼくなんか、子どもが貧乏なのか、裕福なのか、
あまりわかりもしない。
2ヶ月に1回、2時間しか会えないんだから
知りようもない。そういう別居親は少なくない。

さて、しつこいが、
日弁連は、どんどん連れ去っちゃえ、
子どもの返還なんかしなくていいよ、
面会交流なんかめんどくせー
会えないのは別居親が悪い
という本音丸出しの意見書を出しました。

そんな理屈は
「子どもの最善の利益」
という言葉で正当化されます

「子どもを政争の具にしないで」

というか、子どもって言えば
なんでもOKってわけじゃないでしょ。
posted by kネット君 at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。