2011年03月13日

国立は今日も晴れだった

子どもの安否

はまだわからない。
元連れ合いに今日ははがきを出した。
無事なら無事と言ってくれてもいいのだけれど、
そんなことにはなりはしない。

政府の言っていること


民間団体の原子力資料情報室が記者会見した。
(マスコミは流さない)
メルトダウンが生じて、海水を注入したが、
高温になったところに冷水を入れて原子炉の破損が起こらないとは限らない、
水圧で原子炉が持つかは懸念がある。
水素爆発で原子炉が大丈夫かどうかは
その爆発の規模にもよる、
つまり、以前今の状態はチェルノブイリ級の事故が起こる一歩手前の
危険な状況が続いているということになる。

なんてことは政府の会見ではわかりはしない。相変わらずうそばっかり。
なんで確認できもしないのに、水素爆発が起きたとしても
昨日と同じようなものとかテキトーなことが言えるのかと。

こちらはマスコミ報道で、
アメリカに、大丈夫なのかとつっこまれて、
大使が日本だけで対応している、放射線の数値は下がっていると
答えたというのが伝えられている。

うーん、ハーグ条約の問題で海外から攻められ、
データもなくて、面会できる制度も法もあるよと
公式見解しか言わないどっかの国の役人みたいだ。
政治的責任を問われて「南無阿弥陀仏」じゃないでしょ。
影響が国際的なものであるというのもわかっていない。

っていうか、笑えない。
カタストロフィーが起きないと
方向転換しない、では困る。
スーパーに行くとわかめを買っているお母さん発見。
自分もとろろ昆布買ってみた。まあ踊らされている。

反戦するなら駅前で


駅前反戦という団体の月例駅頭アピールを11日に予定していたのだけれど、
電車が止まり、駅から出てくる人もおらず、仲間は帰宅難民になり、あえなく中止。
今回は、最近の革命ブームに乗って
「反戦するなら駅前で 革命するなら国立から」
ってキャッチでチラシをつくったのだが、
地震のせいで決起ならず。
「いや、ほんとに革命とかしたら革命政府とか作るのめんどくさそうだよ。
だいたい、第一にぼくらいいかげんだから粛正されるでしょ」
って仲間は現実的だった。

最近の国政とか地方政治見てると、
うんたら維新とか、なんとか維新とか、だいたいがダサい。
そもそも維新って、もともと尊皇攘夷が文明開化に変わった
節操のないもので、そんなものしか体制変革のモデルがない
この国は不幸よね。
坂本龍馬そんなにかっこいいか。
(昔はぼくもそう思ってたけどね)
議員がだめなの分かってて、維新もないでしょ。
伝えられるのは、この国の民衆の災害における我慢強さばっかり。

「全国の原発の即時停止を求めるのも被災者支援でしょ」

ってチラシ配りの日程を決め直す。

日弁連意見書


連日しつこいが、日弁連意見書に話は戻る。
実はあの意見書、法律の専門家からすれば
必ずしも変じゃないというのを、電話した相手から聞いた。
まあ、条約が国内に及ばないというのも、不遡及というのも
法の基本がわかっていれば、それはそうよねという意見。

なんてことは法の専門家だから言うことであって、
わざわざそれを書いて牽制する意図がよくわかるという
意味では、やはり差別的な意図が見え見えの意見書なわけだ。
ほんで、国内の連れ去り状況については認めている。
日弁連、共同養育の法制化に賛成なの、反対なの。

それが問題よ。
posted by kネット君 at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。