2011年03月14日

地震雲

子どもの安否

昨日、相手方に子どもの安否について尋ねるはがきを送ったら
今日の午前中にファックスが入ってきて、
無事だということがわかった。
連絡がなければ明日行くつもりだった。
千葉だし、多分大丈夫だろうなあとは思うのだけれど
「大丈夫だろう」と「大丈夫」の間には、天と地ほどの差がある。
みなさん、どのように過ごしていますか。

地震雲

今日仕事に入った介助先のAさんは、
一週間前の介助では
「雲が変だな、地震が来るんじゃない」
って言ってたけれど、その通りになった。

Aさんといっしょにまちに車で出ると、
ガソリンスタンドには長蛇の車の列が出来ていた。
スーパーに行くと、パンとかの棚が空になっていた。
停電って言っても、3時間、それでなんでこんなに
備える必要あるのかって気はする。
放射能が舞っているならもろともだろうし。
その後テレビを見ると、国立の車の列が映っていた。
それで不安になって、自分も並ばなくっちゃってなる。
うそついて原発推進しといて停電起こして、
東京電力に対して暴動が起こらないのが不思議だが、
みんな、おとなしく並んでいる。それはそれで気味が悪い。

テレビと原発キャンペーン


原発に危機が起きると、
「節電」「省エネ」を呼びかけるのは
電力会社のキャンペーンだっていうのは、
昔から言われている話だ。
電気が不足するから、やっぱり原発が必要だよねって流れになる。
昨日も、水素爆発が起きてすぐ、計画停電が発表された。
半分はったりなわけだから、
多分、今日は停電ないだろうって思っていたら、
やっぱりなかった。
電力需要なんてほとんど企業のものだから、
工場とめれば計画停電なんかする必要もないのだ。

フジテレビを見ると、
燃料棒が露出して海水注入というのに
キャスターが、これで原発はつかえなくなりますよねと寝言を言っていた。
この人、原発事故で電力供給はどうなるんでしょうかと言って
さすがに、横にいた学者に、「今は事故が問題です」と
たしなめられていた。
メルトダウンが起きるって言うのに、
東京電力に言わされてるんじゃないかと思うよ。
ちなみに、チェルノブイリで盛んに言われていた
「メルトダウン」という言葉、
今は「炉心溶融」って言い換えているのも明らかに意図的。
「こんな危ない原発、すぐに全国で止めるべきじゃないですか」
なんて、どこのテレビでも言わないのはなぜなんでしょうねえ。

ちなみに上関原発計画は、知事が中止を表明した。

ぼくのところに回ってきたメールニュースを紹介する。

たんぽぽ舎です。【TMM:No1021】



転送歓迎です

地震と原発情報 その(6)



1.写真家の森住さんの「福島第一原発双葉町レポート」です。
皆さんから質問

の多い放射線の記述が載っているので紹介します。

   ご本人の了解を得て転送いたします。



皆さん

写真家の森住です。



いま福島第一原発の町双葉町の取材から帰ってきました。

双葉町役場や双葉厚生病院はすさまじい放射線が出ていました。

チェルノブイリ事故の現場から二〇〇メートルのところより酷い。測定器は振

り切れてしまった。

町はゴーストタウンになっている。

住民は慌てて逃げ出した様子だ。

病院は玄関前にストレッチャーが斜めになったり、輸血用ビニールパイプが散

乱していた。

住民は放射線が出ていることを知らず町に入って,布団や衣類を取りに戻る人

もいた。

彼らに危険だから早く避難してと訴えた。



ちょうど、東電が3号炉のガスを放出したと発表した直後に我々は双葉町に入

っていったことになる。

しかし、双葉町に入る道には検問もなく誰でも入ることが出来た。

森住卓フォトブログに写真をUPしました。



ドキュメンタリーはうそをつく

というのは森達也さんが書いた本。
最近はオウム裁判のその後を描いた「A3」を
刊行して、だれも書評をしてくれないみたいだ。

マスコミ報道というのは力関係で
中立性が決まっていくというのは、
親子引き離しの運動が、反対にあって
徐々に、DVなど他の問題にすり替えられていったのを経験するとよくわかる。
中立性は不動のものではない。
日弁連の意見書も、そういう中立軸のシフトを狙って
発表されたものは明らかだ。
内容としては一つの物語になっているにしても、
別の見方をすれば、まったくのでたらめと見ることもできる。
事実を並べながらウソをつくというのが、よいドキュメンタリーだろうか。
事実は一つでも、真実は二つも三つもある。
意図がわかるだけに
露骨さを指摘すると、どうなるんでしょうかねえ。

え、今日も日弁連の意見書だって、ずっと続いたりして。




posted by kネット君 at 22:02| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。