2011年03月18日

暗くて寒いフリースペース

F停電

家のファックスリボンが切れたので
近所まで買いに行ったが、売っていなくて結局国立駅周辺まで自転車ででかける。
放射能浴びてるよなあと思いつつふらふらしていたが、
(出かける前は日野のガイガーカウンターをチェックしている)
下校中の子どもが歩いているのを見ると、そんなもんかと思いもする。
西日本のほうに避難した人も知り合いでちらほらいる。
でもやっぱりまちなかは人通りがめっきり少ない。

帰り、ひょうたん島に行く。
朝日新聞と東京新聞でどうしてこんなに紙面構成が違うんだろうとびっくり。
朝日は原発事故なんかほとんど関係ないみたいに書いてあって、
東京は、ほぼすべてが原発事故の記事で埋まっていた。

でも客はぼくしかいなくなって
帰りづらくなっているところに史さんから電話。
Fで当番をしているそうだが、西新宿の荷物をFに
一時的に置いていたのを片付けたいからと、
手伝いに行く。

片付け終わって、共同養育センターの件で
打ち合わせをしていたら、停電。
「どっかに移動しようよ」
「でも、移動しても遠くまでいかないと停電じゃないんですか」
それもそうなので、打ち合わせ続ける。
だんだん寒くなってきて、暗くもなってきた。

今日の国立の会に出る人が早めにやってきた。
「大学通りのこっち側だけみごとに暗くなってるんですよ」
なんて言ってる。
実は国立でも局所的な停電でちょっと移動すれば暖かいところがあったようだ。
また大学通りをわたり、ひょうたん島に移動。

結局、夜はそのまま国立の会に出た。
こんなときでもみんな出席していて、
実のところ、家の中にいるのも疲れてきたということだろうか。
ぼくも結局すぐに家に帰るはずが、帰ってきたのは深夜だった。
posted by kネット君 at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。