2011年03月19日

3月21日(月・祝)子どもに会えない親のための実践講座



宗像も参加します。岐阜で会いましょう。

3月21日(月・祝)子どもに会えない親のための実践講座/後援:岐阜県、岐阜市




* 子どもと離れて暮らすことになったけれど、なかなか会うことができない。

* 「子どもが会いたくないと言っている」って相手に言われた。

* 離婚したら子どもに会えなくなるんだろうか?

* 家庭裁判所、弁護士、調停、親権、面会交流……はじめてのことばかりでよくわからない。

* どうして自分の子どもに会うのがこんなに難しいのか。


子どもに会えない親のための実践講座

〜あなたに今、何が起きているのか? どのような “選択肢” や “これから“ がありえるのか?〜

片親疎外問題に取り組んできた別居親たちが、

現在の制度や家庭裁判所の実情、

子どもと会うために必要な知識をお教えします。


日時/ 3月21日(月・祝)12:45開場 13:15開始

会場/ ハートフルスクエアーG

(2階) 研修室50


参加費 1,000円 & 寄付(募金箱)

主催/ 親子交流を考える岐阜の会

後援/ 岐阜県、岐阜市

協賛/ 特定非営利活動法人てのひらの会 ,

特定非営利活動法人まちづくり協働研究所

中部FVSサポーターズネットワーク



[申し込み方法 ]  
氏名、電話番号、住所を添えて以下に、電話かメールにてお申し込みください。

070-5030-7009 oyakogifu@gmail.com


posted by kネット君 at 13:28| 東京 ☁| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自宅待機、自宅待避

おかしいこと、おかしいって言う。

政府や東京電力の言っていること
おかしいよねえ、テレビもおかしいよねえと
一人でぶつぶつ考えていたのだけれど、
一昨日、久しぶりに国立の自助グループに行くと、
どうやら、そういうふうに考えるのはぼくだけではないというのがわかった。
問題は、個人個人がそう考えているのに、それを口にする人がいない
ということなのだろう。
ほんでしかたないのよ、ってなって、まじめに我慢するようだ。
共同親権運動が始まる前の、別居親の状態ってそんな感じだった。
おかしいことおかしいと言うと、弁護士会とかに嫌われるというのが
なんだかひしひしと伝わってくる。

弁護士達が人質取引したり、
家裁が引き離しするなんて、
当事者や業界の人にとっては
当たり前のことだったのだけれど、
それを表に出すと、ものすごく感情的な反応が返ってくる。
日弁連の意見書なんて、法律的な議論という意味では
たしかに不品行ではあっても、非常識ではないと思うのだが、
それをあえて出さないといけないところに、
弁護士たちのあせりがあるのだろう。
読むほうがげんなりするけど。

「電気依存症」

国立のグループで
「危険なんだから、すぐ原発止めたほうがいいじゃん」
と言ったら、
「そんなの無理だよ。これだけ原発に電力需要を依存しているんだから」
と議論になった。

まあそれはそれで一つの議論だけれど、
電力需要を依存しているということと
電力に依存しているということとの間には違いがある。

計画停電になって、狼狽する人はいる。
あわてて携帯ラジオをつける。
電池を求める。ろうそくを買い求める。買い占めをする。

ぼくの場合は、登山していたから
ラジオも太いろうそくももっていたし、ヘッドランプもあった。
ガスがとまったとしても、登山用のコンロとガスはあるし、
その上テントも寝袋もある。
炊飯器を使えなくても、鍋で米をたくことはできる。
もともとテレビはもっていないので、見る必要もない。
雨の中でもたき火をする技術はある。
近所の湧水と井戸の場所も知っている。

買い占められて明かりがなくなった大家さんにろうそくをおすそ分けした。
それでも、パソコンでもっぱら最近は仕事をすることが多いので、
3時間は仕事をしにくくなる。それでも原稿書きなら手書きでもできる。

停電になって狼狽する人は、
それだけ電気に頼った暮らしをしていたということになる。
考えてみればわかるけど、
「電気を大切にね」って言う東京電力が
どうしてオール電化の家を推し進めるんでしょうかね。
原発推進は、別に人々の暮らしを幸せにするためのものではなく
電力会社が儲かるためのものと考えるのが自然じゃない。

電気に頼った暮らしというのは、
現代のアヘン中毒みたいなものと考えればどうでしょうか。
戦争だって起きるでしょうね。
ぼくもだいぶ依存しているけど。

電気がないと動かない原発


昨日は、ぼくが国立で出しているミニコミの
編集会議という名目でうちで鍋をした。

近所のスーパーに行くと、
卵とか以外の食材は、ほぼすべて並んでいた。
考えてみればわかるけど、買い占めた人は当座
買い物に来ないということになれば、しばらくは食材は店に並ぶ。
しばらくなかった、肉、豆腐や納豆なども並んでいる。

卵はないのですき焼きはできず、しゃぶしゃぶにした。

やってきた革命家が
「おれ、東京新聞見るとさ、原発で電気引くのに必死になってるんだろ。
原発って電気ないと動かないんだってさ」
って言っていた。
もともとうちは石油ストーブなので、
灯油がなくなれば困るが、電気で暖をとるということはなかった。
地震の直前に灯油を買っていた。

暑くなってきたので、窓を開けようとすると、
「いやちょっと」
と待ったがかかる。
それでも開けると、涼しい風と微量の放射能が
家の中に吹き込んできた。


posted by kネット君 at 12:46| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。