2011年03月24日

地震と相談

選挙がはじまったのに、えらいまちは静かだ。
「地震は天罰」とかいう人が当選したら
東京都民はみんなそう思っているってことになるよね。
そりゃあ、放射能入りの水飲んでもしょうがないって
ことになりかねない。
原発で被爆者が出ているんだから笑えない。

今日は国立駅近くの喫茶店で
和解で週1の面会が決まった人とお話しした。
やはり、どれだけ相手が話せる人なのか
というので、面会交流のあり方が決まるというのは大きい。
それでも裁判所や法律家の手を通ると
杓子定規になりがち。

午後、メンバーで共同養育センターについてちょっと打ち合わせ。
最近、相談が減っているというのをどう考えるかと。
危機だから、家族が団結するのか、破綻が加速するのか。
女性相談やシェルターなど、出口が対応できなくて、
需要が減っているのか。
よくはわからないけど、地震の影響はあるでしょうねえ。

面会交流の仲介も、
この地震で交通機関が麻痺して
うまくいかず、影響が出ている。
ほかの地域はどうなんだろう。
こういうのは家族相談だけじゃなくって
社会全体の経済活動がそうなんだろうけれど。

と思ったら、久しぶりにメールでの相談が入った。
地震があっても東北地域以外は家裁はやっているだろうから、
調停やらの対応は必要なわけだ。

週末は銀座ではじめての交流会をひらく。
新らしいルームにぜひお越し下さい。
posted by kネット君 at 21:22| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。