2011年04月27日

面会交流の明文化

統一地方選

が終わった。
kネットとしてはとりたててのことはしていないのだけれど、
国立で応援した候補は落選し、国立住みにくくなるよねえとか思う。
少なくとも、今までのように市議会で意味のあることを気軽にする
ってことはしにくくなった。

とにかく、一週間車の運転手をして、疲れてぐったり。
睡眠不足も続いたから、共同親権運動のことはすっかり頭から離れていた。

その間、来た問い合わせとかもまともに返せない事態になっていたので
とても申し訳ありません。

面会交流の明文化


そんなこんなでうかうかしている間に、
衆議院では子どもの連れ去り問題についての質問が
連日なされて、26日には、面会交流の明文規定が乗った
民法改正案が衆議員法務委員会を通過した。
3年前、面接交流連絡協議会ができて以来、
数々の対国会組織が取り組んできた課題だが、
まあ、ぼくも含めて当事者たちはあまり懸命ではなかったので、
自滅を繰り返してきたけれど、それでも、ここに至ったのには
別居親たちの運動があったからこそだろう。
現場で調整した人たちもたいしたものだが、
すごいよね、その粘り強さというか、努力は。
ファーザーズからカウントすると10年越しだもんね。

付帯決議


ちなみに付帯決議では、共同親権・共同監護にも言及されている。
96年の民法改正要綱でも、この点については言及されているので、
実に15年ぶりに共同親権が国会の議論に復活したということになる。
(15年前は、まじめに考えている人はいなかったと思うけど)

15年の歳月の間に、世界の潮流はだいぶ変わった。
いまだに別姓や婚外子差別の問題が解決していない中で
この問題だけが突出して今後移行していくかも微妙だろう。
韓国で戸籍が個人籍に移行するには、
戸主制度の温存で不利益を被っていた女性たちの
粘り強い運動があったからでもある。
それで、共同親権も含めた法改正が実現していった。

政権交代や政党間の離合集散が問題ではない。
家族法の抜本改正に向けて、より大きな議論の高まりが今後起きていくだろう。
というか起こそうよ。

なにしろ、3年前に共同親権なんて世の中で言ってる人、
別居親以外にはだれもいなかったんだから。
posted by kネット君 at 19:45| 東京 ☀| Comment(2) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。