2011年05月19日

布団干し

布団干し

メールが来たり、入会者が来たり
相談の電話が来たり、次々に発生する業務に
追われて、昨日はそれに費やされた。
でも、疲れてもきていたので、
午前中は友人の写真屋さんに現像に行った。
そしたら、別の友達の人が来た。たまたまだった。
布団を干して出てきていた。
電話で校正の問い合わせが来たのを潮に引き上げ、
家に向かっている途中で土砂降り。
帰ったら布団が濡れていた。

午後、多分3年ぶりくらいに以前所属していた
皇太子も入っている某有名山岳会の図書館に顔を出した。
この会で、「きりぎりす」という同人を作って、会報も出していた。
意味は働かない。みんなアリになって、あるいは寒い冬を乗り越えず
メンバーがちりぢりになって、2年ほど前に終焉したのだけれど。
最近、8年前に取材していたテーマについて、
新しい資料を使って研究されている方がいて会ってみることにしたのだ。
それでその予習で図書館で資料を探した。
この会の事務員の方はみんな日焼けしている。

それはどうでもいいのだが、
行くと覚えてくれていたのがうれしかった。
学生のときに海外に登りに行ったときにお世話になった
人も久しぶりに顔を見せ、なんだか縁ってあるのかもねえ。

夜は会議とMさんが相談を受けていた。
ばたばたと事務所開きの準備が進む。

駅前反戦派

朝から郵便を出したり、登記の問い合わせをしたり、
いや自分の仕事したい。
午後、昨日予習をした、山の研究者の方と会う。
戦前の登山家の研究をしている人で、ぼくも同じ人を
調べていたので、いろいろ話は合う。
山岳文化学会という、あまり学者のいない学会を主催しているようで
誘われた。おもしろそうではあるけれどね。

移動中も、記者から問い合わせが来たり、
相談の電話が来たり、相変わらずばたばたする。
一応、法制化の動向も把握しようとやってはみる。
家に帰っても相談のメールが入っていたりする。
早くこういうの整理して、本業しないと干上がりそう。

夜、仲間と駅前で月例反戦アピールをする。
国立で反原発のデモの会議に参加したメンバーが
デモを国立ウォークとか呼ぶのに腹を立てていた。
こういうの、最近の若者に来てもらうため、
とかいう理由で普遍的にある議論。
本人たちおもしろくないと、人も来ないと思うんだけど。
「デモ、のっとっちゃっいますか」
と威勢のいいことをとりあえずいいはする調子のいい
メンバーたちなのだけれど、文句をたれてた本人が
当日来ないことが判明。
あっという間に盛り下がって、この日は解散。
posted by kネット君 at 00:24| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

昨日の講座は……

久しぶりに講座を再開した。
それほど宣伝に力を入れたわけではないのだけれど、
スタッフ入れて10人以上の参加になって、
わりと質疑とかも活発だった。
でも、今回から会場は教室二つ分くらいある場所に
なったので、すいてみえる。

Mさんのお話は聞くのは2回目なのだけれど
多岐にわたった経験談を整理していて、
ちょっともっとたくさんの人が聞いてもいい内容で
もったいないとは思ったけれど、
来た人たちも、メンタル面よりも実践的な
対応に関心が高いというのがよくわかった。
アンケートとればよかった。

ちょっとその後、忙しくて、交流会には出られなくて残念。
いつもこういう講座を開いた後は、みんなほかの人と
話して帰りたがるけれど、Mさんが一人で対応していて
申し訳なかった。

ところでこの日は午前中から
2件の相談をセミナールームで受けた。
家裁に持ち込まれてどういうふうに対処していけばいいのか
というのは、家裁についてまったく知らない人にとってみれば
不安でたまらないところがあるだろうなあと思う。

この日入会した人は3人になった。
数もそれなりに大事だよ。結集しよう。

今日は朝起きて、
昨日の名簿やら整理して、
ちょっと事務処理がぼくに今集中しているので
次の運営委員会でいろいろとやることもできるんじゃ
なかろうかと相談したい。
問い合わせもいろいろとあって
答えられるものも答えられないものもある。

午後のしょうがいしゃ介助の仕事に行ったときには
すでに疲れていて、介助中に居眠りしていた。
(いつもだけどね)
posted by kネット君 at 22:46| 東京 ☀| Comment(2) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

雨の一日

GW前に国立駅前で相談を受けたのだけれど
そのときに、自転車を外に置きっぱなしにしていたら
市に撤去された。
休日だったので大丈夫だろうと思ったのだけれど
わりと最近厳しい。

それで最近移動に自転車が使えなくなり、
しょうがないから、今日、撤去自転車の置き場に
雨の中歩いていった。
すぐに見つかる。
悲しいことに、その日に撤去された自転車はほとんどなく、
運が悪かった。

今朝メールを見ると、
週末の講座の申込みがたくさん来ていてびっくり。
問い合わせもちょこちょこあって、
相談もいろいろ受けていて、
とても忙しい。
かつ自分の仕事も平行で進めていて
なんだか忙しい。

昨日は久しぶりに国立のフリースペースで
友人たちと集まりがあったので行った。
物々交換市をしていたようで、
だれももらい手がないミントの葉っぱをもらって帰る。

肌寒い今日はストーブをつけてミントティーを飲んだ。
posted by kネット君 at 18:17| 東京 ☁| Comment(2) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

帰ってくれば

GW中、大阪にいたり、人に会いに山口に行ったり
していたのだけれど、帰ってくれば、情報が増えていたり
状況が動いていたり、いろんな人が動いて、
勝手に状況が進んでいたりするのはいいことではないでしょうか。

3年前はネットやらでぼやきを言い合っていただけだったのが
建設的な方向へと、物事が動いていくのを見ることはいいことだ。
当事者だけでなくって、弁護士やらもちょっとは関心を見せている。
というか、日弁連、いいかげん単独親権からの見方しかできないから
法相(この人も元裁判官)発言にもあるように、
法律教育の先入観って恐ろしいものがある。

ぼくも法学部にはいたので
(専攻は歴史学なのであまり勉強はしていないが)
民法をかじったときに、単独親権と共同親権というのが
あるというのは勉強した。
そのとき、政策的にどっちがいいかっていう話はあるにしても
もし、単独親権で会えなくなったら、とちらと考えた記憶はある。
そういう人たちって、実際どうしているんだろうかって。
それが90年代の大学の法学教育だった。
そんな中で問題意識も持たず法律家になれば
しれーっと単独親権的な発想で物事を見るのは
別に不思議でも何でもないのだが、ちょっとは
疑問を持たないというのが恐ろしい。
政策的に物事を考えれば、日弁連意見書のような
ものがズルズルと悪い作文のように公表されたりするんだなって。

家に一週間ぶりに帰ると、3匹の金魚たちは元気に泳いでいた。
えさやりを史さんに頼んだので、お礼の電話を入れると
忘れていたという。
元気に泳いでいたんじゃなくって、えさがなくって死にかけていた
ということのようだった。
生きていてくれてありがとう。

posted by kネット君 at 22:47| 東京 ☀| Comment(2) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

一休み

先週は山の雑誌の編集作業に追われつつも
相談や会議などをしていった。
次々にやることは出てくるのだけれど
仕事をとってこないとならないので、
運動の側の動きを平行してやっていくというのは
難しいところはあるなと思いはする。

それでもメンバーの間でやってることは
ある程度決まってきたので、慣れてくる部分もある
議員回りとかまったくわかんなかった人が、
いろいろ声をかけたり、
そういうのは慣れが大きいなって思いはする

一昨日も相談を受け
今日も相談を受ける。
ビジテーションも継続していて
そんなこんなで法制化も動いていく。
動けば動くだけ少しずつ変わっていくよね。
逆に言えば、変わるためには動かなければ
ならないということだ。形はどうあれ。
posted by kネット君 at 09:43| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。