2011年06月25日

法律村の安全神話

自転車戻る

一週間ほど前に、横から飛び出てきた自転車にぶつけられ
車輪がひん曲がった自転車を修理に出していた。
ぶつけられたときに、転んだのは相手方だったので
「大丈夫ですか」って声をかけたまではよかったが
大丈夫じゃなかったのは自分の自転車だった。
そのまま、その人行っちゃったので
修理代を出してもらうわけにもいかず、
ぶつけられ損だったけれど、
修理から戻ってきた自転車君は、
ギアチェンジができるようになっていて、
しかも中古自転車の車輪を付けてもらっていた。
修理代も安く抑えられ、バージョンアップして帰ってきたのがうれしい。

法律村の安全神話


今日は相談が入った。
いったい裁判所や法律家って何なんでしょうかねえ。
という話はどんな人の相談を受けても話題になる。

まあ、村の掟やならわしが何よりも大事な人たちですから。
自分たちだけは絶対安全という安全神話を前提に、
顧客から金をとって、必要もないのに法律を使って、
法律依存から抜けられないようにしていく。

ほんで、それをチェックするのが、
法律村の原子力安全保安院である家庭裁判所。
そもそもが法律村の利益を守るところなので、
問題が起きそうになったら、法律村の掟を適用して、
「言うとおりにしていれば大丈夫だから」
と顧客の人生を狂わしていく。
おそろしい構造だ。

なんてことを来談者に説明していただけではなくって、
結局は、個別の問題の解決をどうしていくかっていうのを
いろいろといっしょに考えていたんだけどね。
posted by kネット君 at 20:11| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。