2009年12月02日

子の親権問題に係る日仏連絡協議会の開催

外務省とフランス外交当局で協議会を作って、1日に会合を行ったそうです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/21/11/1197611_1109.html


実は、先週イランに子どもを連れ去られた当事者二人で外務省に行ってきました。
話はゆっくり聞いてもらえましたが、子どもの連れ去り問題に、組織としては対応していないというのが現状だと思いました。
窓口を作ってほしいと言ったらいろんな課と関わるから難しいとか言われましたが、相談は拒まないそうなので、連れ去られた人は行ったほうがいいですね。弁護士の紹介ぐらいしかできないそうですけど。

アポがないと入れないし警戒厳重でした。ところで、入り口の荷物検査の警備員にスッチーそっくりの恰好をさせているのは、どういう趣味なのかと思いました。(haleshoma)

posted by kネット君 at 00:11| 東京 ☁| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。