2010年04月28日

日弁連シンポ

日弁連が下記のシンポジウムを開催します。
日弁連は、いつ共同親権って言ってくれるんでしょうねえ。

シンポジウム
「離婚後の子どもの幸せのために〜面会交流、養育費を中心として〜」

離婚後女性が親権を取得したときに、養育費が支払われないことも多く、こうした実情が昨今の子どもの貧困に大きく影響しています。一方、「面接交渉」をめぐっては父母の間で調整が困難なケースも少なくありません。これらの問題を解決するために、「共同親権」という制度も提案されますが、多くの問題点も指摘されます。

このシンポジウムでは、諸外国の実例に学びつつ、日本の離婚後の親子関係が直面する実務上の諸問題を明らかにし、子どもの父母が面会交流や養育費支払いを通じ、どのようにして子どもの最善の利益を実現する責務を果たせるか、あるべき離婚後の子どもをめぐる法制度を考えます。

日時     2010年5月15日(土)13:30〜17:00
場所     弁護士会館2階 クレオBC(→会場地図)
(千代田区霞が関1−1−3 地下鉄丸の内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
参加費等     参加費・資料代無料、事前申込不要
(臨時保育のご利用を希望される場合には、下記問い合わせ先に4月28日までにご予約ください。)
内容(予定)
    
パネルディスカッション

 * 戒能民江氏(お茶の水女子大学副学長)
 * 棚村政行氏(早稲田大学教授)
 * 渡辺久子氏(慶應義塾大学病院小児科外来医長)
 * 川島志保氏(弁護士)

共催     日本弁護士連合会
問合せ先 日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03−3580−9510  FAX:03−3580−2896


 

 

 

 

 


posted by kネット君 at 16:35| 東京 ☔| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。