2010年08月21日

ポスティング

カウント数

このところ訪問者はそれほど変わっていないのに
ページビューは訪問者の10倍くらいになっている
一人が10回くらい見ているということなのだろうか。不思議・・・。

相談続く

今週は毎日相談者が続き、
今日は愛知で集会があって、
もともと行こうかと思っていたけれど
お金がないのもあって愛知の主催者には悪いけどやめにした。
なんだか毎日離婚の話を聞いていると、
週末も離婚の話を聞いて、大丈夫だろうかと心配になる。

最近の傾向

2年くらい前は、
判で押したようにDVの虚偽申し立てで保護命令を出されてというのが多かった。
そういうのが減っているのか、あるいは相談に来る人がそういう人じゃない人が来るのか、
最近は、どちらかというと、別居した直後にアクセスしてくる人や
わりと頻繁に会えていたのが、不安定になってきたという悩みが多い。

家裁はもめごとを解決しない

いいかげん、家裁の悪口を言うのは飽きたのだけれど、
裁判所の人はよく見に来てくれているようなのであえて書くが、
家裁に恨みを持っている人は多い。
朝日新聞では、千葉家裁で親権裁判で負けた父親が裁判官に向かって
モノを投げてそのまま収監された事件が紹介されていたけれど、
あまり裁判官に同情する気にはならない。
そもそも決めてほしくっって裁判所には来るのだけれど
解決策が、親権の所在だけで非親権者には親としての自意識を踏みにじるような
判決しか出さないのだから、モノを投げただけですんでよかったよ。
審判だって、決めて欲しくって審判をするのに
曖昧な規定を残して、結局もめて裁判所に戻ってくるようになるのであれば、
そもそもが税金のムダという気がしてくる。
裁判官も、調査官に調査させとくんじゃなくって
自分も面会交流に立ち会うか、子どもがいれば
ある日突然児童相談所に自分の子どもを収容されるような
シミュレーションを経験したほうがいい。

ファーザーズライツ


ところで、父親が面会交流を申し立てても
月に1回2時間というのが出やすくって、
相手方が拒否的だと年に3回写真の送付だけなんて判決も出る。
こういう判決は裁判官が男でも女でもあまり変わらない気がする。
ところが、申し立てるのが母親だと、わりと相手が拒否的でも
月に1回1日丸ごととか宿泊付きという審判もわりと見る。
これはそもそも男に面会交流なんかさせても子どもの面倒なんかみれる
わけがない、だから親権は母親、という偏見があり、
これはどちらかというと男女関わらず年代が上の人には多い思考なのかもしれない。
海外で共同養育が定着していったのは、こういった先入観に対して
父親の新しい役割としてファーザーズライツと呼んで
運動が展開していったという経緯がある。

男女平等社会が実現するのが共同親権の前提という弁護士の意見が
まことしやかに新聞紙上で紹介されたことがあった。
しかし、男の育児への参加が離婚の原因であるならば、
それを理由に親権を女性にして父親の育児参加を成約すれば
そもそも育児が原因ではなかったということになる。
そういうときは、今からでも遅くないから男に育児負担を負わせればよいのだ。
男のほうも、そのくらいの気構えがなければ、親の権利を主張するな、というのは正論でしょうよ。
クレイマー・クレイマーの父親みたいにフレンチトースト作って子どものために仕事変える
くらいの気持ちがなければ、たしかに親のエゴと言われるスキはある。
それ以前に、仕事できなくなっている父親は多いけどね。

子育てできる養育時間を、離婚前後にかかわらず

財産は分けられるけれど、子どもは分けられないから養育時間を分ける。
これが共同養育の基本的な考え方だ。
離婚と同時に面会交流の権利が生じるわけではない。
婚姻していないカップルであっても、親としての責任を果たさせるために養育時間を課す。
そもそもが協力が前提にない親どうしだから、共同養育はどの離婚カップルでも難しいが、
それでも、子どもの親であることは双方にとって一生やめられない。
子どもが親を選べないなら、親も子育てのパートナーをほんとは選べないはずなのだ。

ポスティング

久しぶりに国立の運動でポスティングを近所にする。
秋に映画祭みたいなことをするので、そのリーフレットを配った。
うちの近所は畑が多いのだけれど、畑をつぶした新興住宅地も多く、
そういうところには、上地といって、公園をつくるように決められていて、
あちこちに、ネコの額のような公園があるのを今日、はじめて発見した。
この家に子どもたちと暮らしたのは3ヶ月ほどだったけれど、
子どもたちとあちこち歩き回っていれば、わりと遊ぶ場所があったなあと
残念に思う。
でも、子どもたちがまた家にやってくることは諦めていないので、
そのときに、また連れて行けばいいかと思う。
そのときは共同養育でだろうけれどね。




posted by kネット君 at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。