2010年08月31日

第三次男女共同参画基本計画

千葉の講座

は少人数だった。
それでも地元の議員が2人来たので
つっこんだ議論になった。
千葉の印西市では、自分が離婚したこと自体を隠す傾向が
あるようで、講座の宣伝は地元の地方紙、読売地方版、
各種広報紙で宣伝したにもかかわらず、足を運ぶには重かったようだ。
先は長い。
横浜や愛知での開催を模索している。

そもそもが結婚自体が信頼関係の長期的な継続の維持という面が強いのだけれど
相手が嫌いになったら、つまり関係性の維持が耐え難くなったら、
関係の解消というのは自然のなりゆきで、
子どもがいるからといってそれが抑止されるというのであれば、
子どもの意思をめぐって、草刈り的なたたかいが展開されていくだろう。
そうなると離婚後の共同養育というのは、そもそもが代替的な手段という
ことにしかならず、離婚自体を肯定していくということは、
子どもがいる場合においては難しくなっていく。
だったらそもそも、離婚時に取り決めが必要だという議論にはなりにくくなるでしょう。
親の意思と子どもの意向は分けられなくなるわけだから。
子どもの意向を聞くのは大事だけれど、
カップルの関係について子どもの意思を理由にしていけば、
そもそもが親としての責任を子どもになすりつけているということになる。
離婚を否定しては、共同養育の議論は成り立ちにくい。

第3次男女共同参画基本計画に盛り込むべき施策に関する提案募集について

パブリックコメントが今日が募集締め切りだった。
2、3に電話してそういうのあるよって知らせる。
だいたいが、イクメンとかいって、男性の子育てを奨励しておきながら
離婚と同時に片親の育児を否定するのだから、
まったく説得力があるわけがないじゃあないですか。
イクメンやればやるほど、離婚したときの痛みは増すわけだから、
男も子どものために離婚できない、ってなるよね。
離婚を権利と認識するのは別に女性だけじゃない。
ほんでもって、単独親権制度だから、
「子どもがいても離婚しちゃえ」って男性に教えるなら、
「まず子どもを確保しなさい」つまり「連れ去っちゃいなさい」
というアドバイスをする人は多いでしょうね。
すでにこういうアドバイスは女性が離婚する場合の定石だけど。
なんだか狂気の世界で、それが男女共同参画の裏側の実体だったりする。
もちろん、パブリックコメントには、こんな過激な指摘はしないけど。

毎日新聞レビュー

ホームページで紹介した毎日新聞の記者のレビューは
そもそもが施設が整わないから、監護親に会う会わせないの権限をゆだねるべきだという点で
まったくこれまでの議論の範疇を出ない。
多面的な側面を反映させているふりをして
結論は「母子家庭にとって」という視点を出ず、
筋は通っていたにしても、とても中立的とは言えずがっかり。
もちろん、相手に会わせるべきか否かで悩んでいる人の取材だから
そうなりがちなのはわかるのだけれど、
それを自分で決めるというのは負担には感じないのだろうか。
そこも含めて共同責任でしょ、というのが原則共同親権の議論なのだけれど、
つまるとこと、「監護親の機嫌を損ねない範囲で」ということにしからない。
まあ、議論の入り口としては悪くないけどね。
kネットも取材を受けたが、
別居親団体についてこの連載では触れられていない。
苦難を耐えて、子どものために親の責任を果たそうという親は、
まだまだ日の目を見るに値しないということになる。

相当なる面会交流

ところで家裁に面会交流を申し立てた場合、
月に1度2時間という、「犬に餌をやる」ような面会交流が相場である。
365日分の24時間。
七夕だね。
男女共同参画局は、人身取引をなくす運動するより、
家裁の人質取引、身代金請求をなくす運動してほしい。
国連、海外マスコミ、外国人の友達、どんどん知らせましょう。
これは、隔週宿泊付き、長期休暇は折半で大体1年に100日ほど100分の1。
つまり、家裁の審判官は月に1度2時間くらいしか子育てしてないってことだよね。
家裁にイクメン広げて欲しい。

posted by kネット君 at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。