2010年03月17日

親権はく奪、35年で31例

毎日新聞は14日、児童相談所の申してによる親権剥奪について
35年間で31件の件数しか認められてこなかったことを報じています。
親権喪失の要件は、「著しい不行跡」または「親権の濫用」ですが、
児童相談所の申し立てによっても、親権を剥奪することはきわめて難しいことがわかります。
ところが、毎年離婚によって親権がなくなる親は16万人。
このうち養育放棄の親を別にしても、
家裁はかなりの数の親から毎年親権を剥奪していることになります。
離婚に直面して、子どもへの養育の意思を示す親への家裁のダブルスタンダードは明らかです。
現在、法制審議会では、親権制限について議論されています。
これは剥奪が難しいほど、親権には固有性があるということを認めているからこそ、
制限による親権への介入を法で可能としようとするということです。
であれば、離婚時の親権剥奪についても同時に議論しなければ、
法の構成上、現在もある著しい差別が固定化してしまいかねません。
親権制限という規定があるのに、剥奪されるような親は、それこそ
正真正銘の、「親権の濫用」、「著しい不行跡」に当たることになるからです。
また、児童相談所が親権を制限する申し立てをした場合、
離婚、未婚によって親権のない親の地位や通報義務はどうなるのか、
法制審議会の論点整理には入れられていません。
親権制限についての議論においても、共同親権の議論に踏み込まずに
議論をしていくことは困難だと思います。
今後の議論の推移を注視していきたいと思います。(宗像)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100314-00000002-mai-soci

<児童虐待>親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで
3月14日2時30分配信 毎日新聞

 深刻な虐待を繰り返す親などから親権をはく奪する「親権喪失宣告」について、児童相談所の申し立てで家庭裁判所が認めたケースは、08年度までの35年間で31件にとどまることが、厚生労働省の資料から分かった。児童虐待は07年度に年間4万件を突破。親権喪失宣告は長年、親子関係断絶などの結果の重さや手続きに伴う負担の重さから機能していないと指摘されてきた。
 親権喪失は親族か児相所長、検察官が申し立てる。児童虐待では児相の役割が期待されるが、親権を失うと回復が難しく、親が反発して提訴する場合がある。戸籍に載るため児相がためらう場合も多い。子の保護先や親権代行者も事前に確保する必要があり、「最近までは踏み切れない児相がほとんどだった」(申し立て経験のある九州の元所長)という。
 厚労省が毎年まとめる「福祉行政報告例」に掲載された児相関連データの、記録の残る74年度分以降を毎日新聞が集計。90年度までの申し立ては計20件で、喪失宣告が出たのは5件しかない。児童虐待の急増が表面化した91〜99年度も計23件の申し立てに対し宣告は14件。児童虐待防止法施行の00年度以後も、申し立ては34件に増えたが、宣告は12件にとどまった。
 児童虐待防止法は07年改正で、10年度内に親権制度を見直すことを付則に盛り込んだ。法務省の研究会は1月、「期限なく親権すべてを失わせるため申し立てや宣告がためらわれる現状がある」と指摘。千葉景子法相は2月、親権を一時的に停止させるなどの親権制限制度を導入する民法改正を法制審議会に諮問している。【野倉恵】
posted by kネット君 at 13:35| 東京 ☁| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

日テレG+ 離婚後の親子



 夜10時半〜から、
読売ニュースナビ
『離婚後の親子』 の特集があるみたい。
 
解説は、
読売新聞生活情報部
小坂佳子さん。
posted by kネット君 at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

時事ドットコム

離婚後の共同親権を検討=千葉法相

 千葉景子法相は9日の衆院法務委員会で、離婚した男女の双方に子供の親権を認める「共同親権制度」について、「子供の利益を考えたとき、どちらの親も接触できることは大事だ」と述べ、導入のための民法改正を検討する意向を表明した。現行法は、離婚後の親権を父母の一方に与えると定めている。馳浩氏(自民)への答弁。
 共同親権は欧米などで広く認められている。日本でも可能になれば、日本人と外国人の夫婦が離婚した場合の子供連れ去りをめぐるトラブルの解決にも役立つとみられ、手続きを定めた「国際的な子供の奪取に関するハーグ条約」の加盟に弾みが付きそうだ。(2010/03/09-21:53)

http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_30&k=2010030901028

posted by kネット君 at 23:28| 東京 🌁| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

「親子の日」紹介記事

毎日新聞2010年2月28日朝刊企画特集
「伊集院静×西山繭子
〔親子インタビュー〕
家を出た父・・・今は理想の人 同じ文筆の道へ」

この記事は「親子の日」
の紹介とともに載っていて
親子の日は毎日新聞が特別協力しています。
不登校のオープンスペース「Liby」が
紹介されています。

インタビューの内容については
いろいろ意見あるでしょうけどね。
ちなみにkネットでは「親子の日」に
周年イベントをします。
posted by kネット君 at 17:23| 東京 ☁| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

国際離婚 子に会いたい

朝日2010年2月27日朝刊

「国際離婚 子に会いたい
ハーグ条約早期加盟 首相が検討指示
国内でも署名1万人超
『共同親権』導入へ期待も」

2年前に朝日のウラが取れてない記事で
ぬかよろこびしてましたから
それなりに前進でしょうね。
posted by kネット君 at 15:55| 東京 ☁| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。