2010年04月17日

衆議院法務委員会を傍聴しました

4月16日、11時から衆議院法務委員会で下村博文議員が共同親権と面会交流についての質問を行いました。Kネット会員9名が下村議員のご紹介により傍聴させていただくことができました。(圧力団体?)

委員会室というのはさほど大きくはないので、傍聴人の席も委員席からあまり離れてはいませんでした。
ハーグ条約のいろいろなケースについて宗像さんとMさんが作成した資料が委員会で配られました。

千葉大臣の答弁では、面会交流の明文化(民法766条への加筆)を今国会で提案したいと言われていましたが、夫婦別姓をメインとする民法改正案に反対する下村議員は、夫婦別姓と面会明文化は切り離して提案してほしいと要望していました。(別姓法案には明確に反対な亀井大臣の存在で、閣議提案は不可能なので) どうなるのでしょうね。夫婦同姓しか選択肢がないことに不満を持つことは理解できるのですが、それが実の親子が会えないことよりも大きな人権侵害・社会問題であると私にはどうしても思えないのです。下村議員は会えない親子は個人的な問題だとされて表にはでていないけれど、100万〜200万人いるのではないかと強調されていました。

共同親権(民法819条の改正)については、千葉大臣は「否定はしないけれど」積極的ではないという論調でした。帰り際に、下村議員は「また質問するから」と私たちに言い残されていかれました。

新宿でお昼を食べて自宅最寄り駅に着くと、四国の同志J氏から電話があって衆議院TVでもう視聴したそうでした。内容は私よりもわかっていて、傍聴したからと報告することはありませんでした。ガクッ
傍聴して意味があったのは、雁首並べたことだけ? (haleshoma)
posted by kネット君 at 18:20| 東京 ☁| Comment(0) | 国会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

☆☆速報!千葉大臣が共同親権答弁☆☆

吉報です!!!
NHK6時のニュースに出ました。
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013082981000.html#

千葉大臣が、離婚後の共同親権へ法改正を検討すると答弁しました。
今日の法務委員会で、質問者は馳浩議員。(haleshoma)

千葉法務大臣は衆議院法務委員会で、離婚したあとの子どもの親権について、両親がともに持つことができるよう民法を改正できないか、検討する考えを示しました。

離婚したあとの子どもの親権をめぐっては、今の民法で、父親か母親のどちらか一方しか持つことができないため、子どもが、親権を持っていない親に会いにくいという問題点が指摘されています。これについて、千葉法務大臣は「子どもの利益を考えたときには、どちらの親も、子どもに接触できることは大事なことだ」と述べました。そのうえで千葉法務大臣は「離婚したあとも、両親がともに子どもの親権を持つことを認める『共同親権』を民法の中で規定できないかどうか、政務3役で議論し、必要であれば法制審議会に諮問することも考えている」と述べました。


政府が共同親権について議論することは歓迎ですが、法務省内での議論が当事者の手の届かないところにいってしまわないように、共同養育が実現できるように引き続きがんばりましょう。(宗像)

posted by kネット君 at 18:25| 東京 🌁| Comment(0) | 国会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

議員のブログ

ハーグ条約と国内法整備に関しては
議員や政府レベルで最近、発言がなされてきました。

岡田克也外務相のブログ

http://katsuya.weblogs.jp/blog/2010/02/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E7%B5%90%E5%A9%9A%E3%81%AE%E9%9B%A2%E5%A9%9A%E5%BE%8C%E3%81%AE%E8%A6%AA%E6%A8%A9%E5%95%8F%E9%A1%8C%E6%97%A9%E6%80%A5%E3%81%AB%E4%BD%95%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AE%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%8C%E5%BF%85%E8%A6%81.html


おがた林太郎議員のブログ
http://ameblo.jp/rintaro-o/entry-10472502827.html


まだ議論の入り口の段階ですので
いろんな意見があっていいと思いますが、
議員レベルには、まだ国内当事者の実態が伝わっておらず、
法務省や外国からの話を先に聞くので、
議論が抽象的になりやすいというのはあるかもしれません。
批判ばっかりされるのは政府や国会議員の立場からすれば
いやでしょうからね。

ただ、議員が国内の実態の詳細まではわからないというのは
感度の問題というのもあるけれど、運動の側の力量不足というのは
あるでしょうね。その辺は、自覚する必要はあるでしょう。
posted by kネット君 at 12:54| 東京 ☁| Comment(2) | 国会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

鳩山首相の談話

TBSの動画サイトより
ハーグ条約についての鳩山首相の談話です。

http://news.tbs.co.jp/20100225/newseye/tbs_newseye4365410.html
posted by kネット君 at 11:57| 東京 ☔| Comment(0) | 国会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

神崎武法議員の質問

11月17日 衆議院法務委員会 
神崎武法議員の質問と千葉大臣の答弁

http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=40002&media_type=wb&lang=j&spkid=19552&time=02:14:04.4
 

18分20秒からです。
posted by kネット君 at 17:29| 東京 ☁| Comment(0) | 国会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。