2011年09月17日

裁判官の心証とか

市役所から督促状が来ていて、
市民税と国民健康保険だった。
最近、医者にかかったので、国民健康保険は払おうかと思う。
傷病手当ぐらい自営業者にもつけよな。

裁判官の心証とか

昨日午前中は相談を受けていた。
調停で、裁判所の職員に対して何を言うべきで言わないほうがいいのかとか
いうのはよく聞く話で、特に理不尽な調停進行がある場合には、
言いたいことがあったとしても、言葉遣いには慎重になる。

たとえば、「先生」とつけることについて
それが敬意だと受け取る人もいるし、
皮肉だと受け取る人もいる。
ので、「先生」とつけることが相手を怒らせないと
いうことには必ずしもならない。
相手に「先生」とつけることが敬意の表現と考えるというのは
上下関係の中での関係性においては間違っていないけれど、
相手が対等性を求める人である場合には、特別扱いということに
なって煩わしく感じることだろう。

ぼくも会社の人とかといっしょに運動する機会が
共同親権運動の場合はときどきあって、
最初のうちは、会の代表になったので
(別にしたくてなったわけでもないけれど)
写真に写るときとか、真ん中に誘導されたりすると
あんまり目立ちたくないという性格もあって
いい気分はしなかった。
けど、そうしたほうは、普通の習慣でそうしていたというのは
わからないでもない。

一方では、「代表なんだから」という名目で
自分がやりたくない雑務を押しつけられたりして、
ばかばかしくなって、今は代表をしていない。

そんなこんなで、
言いたいことがあったら、そう言えばいいし、
ただ、言ったことで失礼がなければそれでいいなじゃないと思うし、
調停委員が失礼だったら、そう言えばいいんじゃないということしか
言いようもない。

日本では、権力に服従することを「大人になる」と表現することが多い。
ので、裁判所や弁護士の権威を認めなかったりすると、
「子ども」と言われて、彼らに酷い目にあっているはずの
当の当事者に、批判されるという、ことになりかねない。
いったい、何と闘っているのか、そんなに裁判所に従って
いいことあんの、と思ったりもした。

法制化はどうなってんの

ということをときどき聞かれる。
「あなたはどうなると思います」
と聞き返すと、自分の考えを言ってくれる。
「だったらそうなるんじゃないでしょうかね」
と答えてみる。

ときどき知り合いにあちこち聞いて大体の様子がわからないでもないけれど、
「情報を得るために」とかいって、あちこちにネット上のチャンネルを持っている
人が、ぼくに聞いてきて一喜一憂する現象っていったいなんなんだろう。
だいたい、ネットを通じて手に入れられるような情報はそこ止まりで、
ないよりましだが、戦略を立てるような情報なら、自分の目で見て
耳で聞いて確かめるしかないではないか、と思いもする。
ひとりでできないことでも、大人数ならできることはある。
でも、他人に運動の参加感を提供するために、
人と会ったりしているわけではない。
知りたかったら、自分で聞いてみるしかないよね。

ネット上に出たマスコミ情報を見て、
ああだろう、こうだろう、とか評論するだけなら
運動でもなんでもないわけだ。

posted by kネット君 at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

裁判所の水際作戦

資料請求

日弁連に要望書を出したからかわからないけど
その筋の方から賛同というか、
問い合わせのメールが来て資料を送ったりした。
昨日も、九州の知り合いから新聞社に売り込んだから
資料を送ってくれって問い合わせがあった。
今、日本で一番共同親権運動が盛り上がっているのは
彼の地かもしれませんねえ。
ちなみに、ぼくはミクシィはこの間やめた、
九州の人たちは、ほとんどの人がミクシィやんないので、
なんだか、感性が合うというか、やりやすい。
実際、別府の交流会は5人集まったというから
そこそこですよね。
別にネットの効用を否定するわけではないけれど、
それで人間的なつながりが構築できるかは
かなり難しいかなっていう気はする。

水際作戦

最近、個人的に頼まれて相談にのっている人は
家裁から金銭的な履行勧告がされていて、
心配だったらぼくついていくから、家裁に言ってみたら、
って言ったら、家裁には一人で来てくれって言われたそうだ。
なんでも履行勧告は、調停の延長のアフターサービスだそうな。
まあ、本人に任せていても言いくるめられるだろうねって思ったので、
ぼくが直接電話して、調査官と話した。
調停のつきそいを認めるかどうかというのは
裁判所の職権主義というのがある以上、
裁判官が決めることになる。
その手続を知らせることなく、窓口で同行を断るというのは
要するに仕事の手を抜きたいか、団体を恐れているのか、
どっちにしても、「水際作戦」なわけだ。
ひととき、生活保護申請をさせない役所の手続が
「闇の北九州方式」として話題にされたけど、
裁判所も似たようなもん。

「あのね、不安があって同行を申し出たんだから、
その手続をその方に教えるというのが筋なんじゃないですか。
いずれにしても行きますから。
窓口業務から、調停の延長に移行するならその場で言ってください」
どっちにしても、調査官にそんな権限ないんだから、
越権行為に当たる。

ちなみに、親権変更の手続を養子縁組を理由に
やめさせたのは、松戸支部の裁判長。
「闇の松戸支部方式」と呼んでも別にいいよ。

硫黄島作戦


ちなみに、生活保護申請については
「水際作戦」が問題にされたので、
その後役所のほうでは、申請は受け付けて
ほとんどの申請を却下するという手法が、
「硫黄島方式」と呼ばれたことがある。

つまり、上陸させておいて、皆殺しするということ。
あんまりいいたとえとも思わないけど、
面会交流の場合は、この方式が割と当たっている。

どっちにしたって、役所の窓口の意向一つで
法律はそっちのけで、処遇が決められるというのは
注意しておかないと、別にこの問題に限らず
何でもそうなので、言ってることが職員によって
まちまちというのは珍しくない。
めんどくさいが、いちいちどうなっているのか
問い合わせて、法的根拠を示させていかないと
職員の意識もなかなか変わっていかないわけだ。








posted by kネット君 at 23:24| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

あちこちの当事者と

やりとりをする。

日弁連の意見書に、水を漏らさぬ論理で反論した方がいて、
その方と連絡をとって意見交換したりした。
最近は横のつながりをいろいろととって運動を再構築する
ときかなあと思う。
いろんな人が当事者として登場してくる。
長く続けるのが運動では味噌だとは思うけれど、
自分の言葉でしゃべられる人がたくさん出てくることが重要だと思う。

中立性

ハーグ条約について賛成、反対、いろいろ議論がある。
反対する側の議論を行政の側が行うことについて、
どうなんだという意見があった。
行政は中立だから、それはおかしいという。

一方で、ぼく自身は、行政というのは意見の多様性を確保するのが
仕事なのだから、賛成にしろ、反対にしろ、行政が議論のアリーナを
提供すること自体は重要なことだと思う。
文句があるなら、きちんと出席して議論すればいいだけの話だ。
もしくは、自分たちも行政の後援をとって、賛成の議論をする。

国立市でも、2年ほど前に国立市主催の後援を
国立のグループでもちかけてやったことがあった。
そのときは、市報で通知されたこともあって
同居親も別居親もたくさんの人が来て、
いろんな意見が出た。
ちなみに、その年の国立市のもう一つの市民共同事業は
シングルマザーのグループが主催したものだった。

最近は、東京の別居親の運動はまったくこういうのやらなくなった。

日本の行政は、どちらかというと
声の大きいほうに従うという傾向が強いので、
人権問題やらがいつまでたっても手が打たれないということになる。
そうではなくて、いろんな意見の多様性を確保して、
お互いの理解が進むようにしていくのが行政の役目だとするならば、
中立性は、どっちにもつかなくて、どっちの後援もしないということではなくて
どっちの後援もして、矛盾があったら議論のテーブルを提供するということになる。

この間、新聞読んでたら、
日本の原発教育は、地震前は、安全ですって言っていたのが、
地震後に大幅に書き換えられるということになったという記事があった。
対比でドイツの原発教育が紹介されていた。
ドイツでは、賛成、反対に生徒を分けて討論させて
数の少ない方に、先生がついて議論を進めるという。
なるほどねって。

DV利権とか、ビジテーション利権とかいうのも
似たような議論だ。
自分たちが気に入らない人たちが、予算を確保することがいやならば
自分たちがそれだけの実績をつくって予算を確保すればいいことだ。
そもそも、それを利権と呼ぶか、雇用先が増えてよかったねと思うかは、
人によって違うわけで、行政なんか事業体でもあるわけだから、
きちんと、行政に自分たちの考える仕組みを組み込んでいくことが
できなければ、運動なんて絵に描いた餅なわけだ。


posted by kネット君 at 21:23| 東京 ☔| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

タイムリー

大学

午前中、頼まれていたハーグ条約関連の資料をコピーに
近所の大学に行った。
これまで市民としていちいち入り口で申請書を書いて入っていて
いやがられていたのだけれど、こういう機会が増えるだろうかと、
しょうがないから、卒業生としてカードを作った。
卒業してから10年以上たつけど、基本的に大学嫌いなので、
カードも持ちたくなかったのだ。

教務課に行って卒業した証明印をもらってきてくださいと言われて
行ってみると、なんだか大学も近代化されているというか
戦前に建てられたたてものの中がえらいきれいに改装されていてびっくり。

あんまり長居はしたくないので、さっさとコピーして出てきた。
とはいえ、ここの大学の図書館が便利なのは事実。

インタビュー

記事にしようと思って、史さんにスペースFでインタビューした。
Fの当番さんには、入金についての苦情を言われ、相変わらず
運動ってつきあいだよね、って思う。

一通り経過は知っていたものだけれど、
あらためて史さんが子どもと会ったときのこととかを
詳しく聞いた。

まあ、いいことだから、面会交流支援とかといっしょに
知り合いの記者に記事にしてもらったらどうですか、
とか言ってみた。

同居親の側

電話が入って、同居親の側が面会交流についてどうすればいいのかっていう
相談だった。ときどきそういう問い合わせがある。
別居親と同居親の感情的な対立をつくりたがる別居親もいるのだけれど、
権力の側から見れば、そうなってくれるのは「小躍りして喜ぶ」事態だろうねえ。
というのは、現状の混乱は権力の側のサボタージュじゃなくて、
親どうしがわがままだからだって説明がしやすいんだから。
それで進まなくなって、同居親の側は困らない。

とはいえ、実際はそうではなくて
協議離婚で相手側から面会を求められれば、
自力で対応し続けるのはそれはそれでしんどい思いがする。
東京の方ではなかったので、知り合いの団体を紹介した。

タイムリー


仕事で行った山の雑誌は新聞社とも同居しているので、
仕事を終えて、エレベーターに出ると、「宗像さん」と
声をかけられた。見れば古い知り合いの記者さんだった。
早速、最近の話題をいろいろ話した。
朝日新聞でも、一昨日記事になって、
論調自体は、会いに行く側がエゴというものが
なくなってきたので、だいぶ進んだかなと思う。

じゃあ、ここらでぼくらもがんばんないとね。
posted by kネット君 at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

ぼろぼろと

ファイルを買いに

あさから近所のホームセンターに行った。

家の仕事机の下にトートバックに詰めっぱなしの書類が
溢れていた。
子どもと会うための相手方とのやりとりや、つくった書面、
子どもに出した手紙なんかをとりあえずつっこんでいたのだ。
最初は2007年だから、すでに4年前のものがたまっていて、
ほこりをかぶっていて、整理しないと、今後役立てること
できなくなるよなって、思って一念発起した。

ホームセンターで8センチくらいの厚いファイルを
4つ買ってくる。あと同じくらいの厚さの手紙フォルダも買う。
ついでに、穴空けパンチの大きなやつも買った。

すぐにすむだろうと思った作業はかなりたいへん。
調停前の相手との交渉、調停、審判、抗告、
子どもに毎週送った手紙。
4年前の子どもたちはあどけないすがたで、
2年半のブランクに積み上がったものははがきのコピーだった。
結局、買ってきたファイルは全部いっぱいになった。

父子家庭をしていたころのエッセイが、
原稿用紙に活字になりもせずたまっている。
人身保護を出されたときの、相手方とのやりとり、
書面をひらくたびに、当時のことが思い出され、
ぼろぼろと大粒の涙が頬をこぼれて止まらない。
なんか、最近、そういう気持ちになることって少なかったのだけれど、
引き離された当初って、今日みたいな気持ちに毎日なっていた。

新しく電話かけてくる人たちって、今日の自分みたいな状況で
だれかに話したくって、聞いて欲しくって、電話してくるんだろうなって思った。

ちょっといたたまれなくなって自転車に乗って、
知り合いのところとか行ったり、喫茶店に行ったり。

買い戻し


あのままうっちゃらかしていたら泣き寝入りだけれど、
そうじゃなければ、買い戻しなわけだ。

昨日も今日も、所用で何人かの当事者の人と話す。
親権変更が裁判で決まったけど、子どもがまだ戻ってこない人、
数年ぶりに、海外にいるお子さんから手紙が来た人、
粘り強い交渉で、子どもとの面会につなげた人、
いったい、どの辺が分かれ目なんだろうねって。

歩けば着く。歩かなければ着かない。明日の天気はわからない。

posted by kネット君 at 22:05| 東京 ☁| Comment(0) | むーみん谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
knet_logo_color[1].PNG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。